インポを治療できるED治療薬にはどんな種類がある?

インポを治すED治療薬の種類

インポを治すED治療薬の種類

インポテンツに効果があるED治療薬には現在、主にバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。この中で最もよく知られているのがバイアグラです。

バイアグラは元々はED治療薬としてではなく狭心症の治療薬として研究されていました。

しかし臨床試験を受けた狭心症患者から服用後に勃起しやすいという報告があり、その後ED治療薬として研究がすすめられ1999年より販売が開始されました。

バイアグラは服用後60分前後で効果が出て、約4時間ほど効果の継続が見込めます。なお、食事の影響を受けやすいので空腹時の服用が最適です。

また、他の治療薬に比べて勃起した時の陰茎の大きさや硬さへの効果が強いという服用者の声が多く、愛用者は4000万人ほどとも言われています。

バイアグラは最初に販売された治療薬ということもあり現在では多くのメーカーからジェネリック医薬品が販売されています。副作用については血管拡張作用により顔のほてり、鼻づまり、頭痛、動機などがあげられます。

次にレビトラですがバイアグラについで2番目に販売が開始された治療薬です。レビトラはバイアグラに比べると副作用が改善されており、食後の服用についてもバイアグラより影響を受けづらくなっています。

また、早ければ服用してから20分ほどで効果が実感できるという即効性が大きな特徴です。また効果の持続時間も6時間から10時間ほどでバイアグラよりも長く、早漏を抑える特徴も臨床的に確認されています。

最後にシアリスですが、シアリスはバイアグラ、レビトラに次いで3番目に発売された治療薬になります。

シアリスは服用後、効果が現われるまで1~3時間とバイアグラやレビトラに比べて時間がかかりますが、効果の持続力が36時間ほどと圧倒的に長いことが特徴です。

また他の2種類の薬は脂っぽい食事に特に影響を受けやすかったのですが、シアリスはその影響も少なく一般的な食事であれば食後に服用しても効果に問題ないとされています。

また、持続力や服用だけでなく副作用の面でも大きく改善されています。アルコールとの併用については適量であれば、3種類ともに問題がないとされています。

この他にもステンドラやザイデナといったED治療薬もありますが、現時点で日本では認可されていません。

ED治療薬はそれぞれの種類で人によって効果や副作用の症状がことなったり、効き方の好みもあるのでいろいろと試して自分に合うものを探すことをオススメします。